MENU

オートバイにエアサスのメリット

S-HACと同様にRM-Z250に新しく採用されたのがSFFエアサスペンションというもの、何とモトクロッサーにエアサスペンションが採用されているのです。

 

エアサスペンションは自動車の世界では高級セダンなどにつけられることが多く、コイルスプリングにはない乗り心地を得るためにつけられているのですが、それと同じようなものがモトクロス用のモデルに使われているのはびっくりです。

 

ただ、RMに使われているエアサスペンションは乗用車のように乗り心地を追求するためにつけられているものではなく、サスペンションの動きを良くするため、サスペンションセッティングを容易に変更することができるようにするためにつけられているのです。

 

それまでのフロントサスペンションはオイルは入っているもの、どうしてもコイルスプリングならではのフリクションがあり、サスペンションの動きに制限が出てしまいます。

 

その点、風船と同じ状態になっているエアサスでは縮むも伸びるもほぼ無抵抗であって、スムーズな動きを作ることができるのです。

 

それからモトクロス競技ではコースにあわせてスプリングレートを変えることがあるのですが、その際コイルスプリングの場合、フロントフォークを取り外すという非常に時間のかかる作業を行わなければなりませんでした。

 

しかしエアサスペンションの場合は内部の空気圧を変えるだけでスプリングレートを無段階で変化させることができるので、それこそ1分で違うサスペンションセッティングにすることができます。

 

オートバイにエアサスなど贅沢だと思っていましたがそういったメリットがあるのであれば競技車両には必要なのかもしれません。

 

ハーレー 買取